印鑑の歴史は、誰もが中国起源と思いがちですが、実は違います。
起源は紀元前4000年のメソポタミアと言われています。
それが、紀元前1400年にシルクロードから中国に渡ったようです。
印鑑が日本に来たのは古代中国から伝来したものが最初と言われていて、歴史に名高い「漢委奴国王」(かんわのなのこくおう)と彫刻された金印が渡ってきたことが最古の印章とされています。
毎年10月1日は、「印章の日」とされていて、これは明治6年に太政官布告で著名に加えて、実印を捺す制度が定められた事から由来していま
す。
そして、それまで実印は男子の戸主だけが所持するものとされてきましたが、女性も持つようになり、更に明治10年からは、「すべての証書の姓名は本人が自著し、かつ実印を捺すこと」という法律が義務付けられ、一般にも印鑑が普及していきました。


冬の時期だって無駄毛処理をしておかないと、女性として絶対にダメですよね。
最近ではムダ毛ケアはあまり季節関係なしになったような気がしています。
冬の時期に無駄毛をほったらかしにしておくと、腕や足などがまるで男性の手足のようになっていることがあります。
実際に濃くなった自分の毛を見て悲鳴を上げている人も多いのではないでしょうか。
これからは、冬のうちからきれいに全身脱毛をしておくのはいかがでしょうか。
冬の季節は意外と肌を見せる機会が多いです。
長袖に隠せていても、腕まくりをした時に無駄毛が出ていたりすると本当に恥ずかしいものです。
パーティーで背中の開いたドレスを着ているのに、びっしりと毛が生えている状態になっていると本当に女性としてだらしないことですからね。
また、冬は紫外線に当たる機会も少なく、脱毛後のお肌に負担をかけにくい季節です。
冬だって気を抜かないようにきれいに脱毛をして女子力をもっともっと向上させていきましょう。
見えないところも忘れずケアすることが大事です。